日めくり猫ちゃんカレンダー

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら

我が家の猫も参加しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大変お久しぶり

久しぶりにこのBLOGに帰ってきました。

外断熱マンションに住んで、はや10年以上が経ちました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご無沙汰

すっかり間が空いてしまいました。

今年は気温の変動が激しく、真夏の気温になったと思いきや、春先のような日になったり。そんな中、我が家は室内温度は24℃をキープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京で初雪

成人の日の今日、東京で初雪を観測。つーか、初雪のくせに豪雪で、積もっております。うちは南側だから大丈夫だけど北から雪がどんどん吹き付けております。吹雪です。しかしながら、高断熱のRC外断熱マンションの我が家。現在の外気温は2.8℃だが、室内は21.6℃。朝、2時間くらい温水パネルを稼働させただけ。素晴らしいなあ。
131214_0aa


| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

12月もエントリーを飛ばしてしまいました。しかしながら相変わらずRC外断熱の効果は凄いです。10年の住宅ローン控除も終わりましたから、もうそんなに経つんですね。ちなみに、この冬をもって、入居以来、ずーっと我がマンションを管理してくださったY管理人さんが引退されるとのこと。非常に残念です。Yさん、お休みの日もちょいちょいいらしてくれて、ゴミ置き場を整理されたりしているのをよく目撃しました。ゴミ置き場はいつもとても清潔でした。後任の方はとてもハードルが高いのではないかと思います。Yさん、本当にお世話になりました。住民はYさんのことが大好きだと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月に入ってしまった

毎月一度の更新としていたのだがぐずぐずしている間に11月になってしまった。というわけで、過去半年分の温度記録データをエクセルにぶち込んでざっくりグラフにしてみました。

121102_ondo

ご覧の通り、室外の温度は季節によって大きく変動し、また一日の温度差も相当なもの。しかし、RC外断熱は、温度の季節変動が少なく、日中の温度変化もほとんど無い程度である。外気温に対して、やや遅れて影響をうける。なので夏の影響で躯体温度がまだ高く、室内温度は11月になっても24℃くらい。もちろん暖房はしていない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の夏も暑かった!

昨年は節電の夏…だった。電車が間引き運転されてたくらいだから、昨年は電気を使ってはいけない夏だったのだ。今年は普通に節電してた。基本、在宅時は27~28℃のゆるゆるエアコン稼動、不在時はもちろんつけない。8月24か26日にかけて、室外の最高気温が40℃を超える日が続いた。さすがに高断熱を誇るRC外断熱も躯体が熱をもってしまって、室温29℃防衛線を少々超えてしまった。しかし、この夏で室温が29.2℃がMAXって相当に凄いんじゃないかと。締め切った家に猫を置いてといても平気だもんねー。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外気温40℃超え

毎月、一日くらいは更新しようと思っていたのに7月は飛ばしてしまいました。スミマセン。。。薄ら寒い日があったのも今や遠い昔のように思えます。日々暑いです。
120729_01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今こそ外気を

6月下旬とは思えないこの気温。

今日の東京、最高気温は20℃。これを逃さない手は無い。今こそ、窓を開けて外気を通して躯体の熱を取るべし!これから秋が終わるまでは暑い日が続くんだから。。。電気代も上がることだし。それにしても、夏場の外断熱マンションはエアコンが欠かせないので。ああ、もう調理はしないほうがいいのかな。あと、テレビはつけない!パソコンはノートPCのpバッテリを使おう!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏への扉

ゴールデンウィーク真っ最中ですが、気温が高い日が続きます。春から冬にかけて快適だったRC外断熱マンションも、これから試練の季節。まだこの時期は、外が暑くても建物に入れば涼しく感じる日があるくらい。しかし、このまま躯体熱が蓄積されると、それが室温そのものになってしまう。今は熱を捨てる時期。特に北からの風はなるべく室内に取り入れて南の窓から逃がす。これが大事。南からの風は室温が下がらんのです。皆さま、よい休日を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東日本大震災から一年